​基調講演

[録画事前共有(日本語字幕付き)+ライブセッション(日本語への同時通訳、日本手話付き)]

基調講演ビデオ視聴 (16:00-17:30 JST)、ライブ質疑応答 (17:30-18:30 JST)

The development of metalinguistic awareness through translanguaging in the acquisition of third and additional languages

Jasone Cenoz, University of the Basque Country,

UPV/EHU

The positive effect of bilingualism on the acquisition of a third or additional languages is associated with the increased development of metalinguistic awareness. Learners of a third or additional language have a broader repertoire than second language learners and can use their prior knowledge when learning an additional language. In fact, multilingual speakers can apply metalinguistic strategies that they have already developed previously. The multilingual repertoire can be a rich resource in third and additional language acquisition, but learners do not use all the opportunities they have as multilingual or emergent multilingual speakers. Prior knowledge often needs to be activated so as to develop metalinguistic awareness. Pedagogical translanguaging can make learners aware of their own multilingual resources and teach them to reflect on those resources by developing metalinguistic awareness. In this presentation, the concept of metalinguistic awareness will be discussed as related to third and additional language acquisition. The focus will be on the role of pedagogical translanguaging to enhance metalinguistic awareness when learning  English as a third language in primary and secondary school. Pedagogical translanguaging mobilises the students’ repertoire through instruction by focusing on pedagogical strategies used to learn languages based on the learners’ whole linguistic repertoire (Cenoz & Gorter, 2021). This presentation will show how activating the use of resources from the whole linguistic repertoire can stimulate the development of metalinguistic awareness and contribute to benefitting to a greater extent from the advantages associated with bilingualism in third and additional language acquisition. 

 

Cenoz, J. & Gorter, D. (2021) Pedagogical Translanguaging. Cambridge: Cambridge University Press.

第三言語(以上)の習得におけるトランス・ランゲージングを通じたメタ言語意識の発達

Jasone Cenoz バスク大学UPV/EHU

バイリンガリズムの第三言語(以上)の習得に及ぼす効果は、メタ言語意識の発達の伸長と関連している。第三言語(以上)の学習者は、第二言語学習者よりもレパートリーが広く、新たに別の言語を学習する際、既に持っている知識を用いることができる。実際、多言語話者は、それまでに既に伸ばしたメタ言語方略を応用することができる。多言語レパートリーは第3言語(以上)の習得においても豊かなリソースとなりうるにもかかわらず、学習者は多言語話者または萌芽的多言語話者として持っている機会を全て活用している訳ではない。メタ言語意識を伸ばすためには、しばしば既に持っている知識を活性化させる必要があるのである。教授的トランス・ランゲージングは、学習者に自分の多言語リソースに気づかせ、メタ言語意識を伸ばすことによって、それらのリソースについて内省することを教えることができる。本講演では、第三言語(以上)の習得に関連するメタ言語意識の概念について論じる。中でも、小中学校で英語を第三言語として学習する際、メタ言語意識を高めるための教授的トランスランゲージングの役割に注目する。教授的トランスランゲージングは、学習者の言語レパートリー全体を使って言語を学べるように用いられる学習方略に注目することで、授業を通して生徒のレパートリーを活性化する(Cenoz & Gorter, 2021)。本講演では、言語レパートリー全体からのリソース活用することを活性化することが、どのようにメタ言語意識の発達を刺激し、第三言語(以上)習得におけるバイリンガリズムに関わる利点の恩恵をより大きく受けることに貢献するか示す。


Cenoz, J. & Gorter, D. (2021) Pedagogical Translanguaging. Cambridge: Cambridge University Press.